京都紅葉Web

京都鷹峯地域の紅葉    


京都鷹峯には地下鉄烏丸線の北大路駅から京都市バス「玄琢行き」で行くことになりますが、バスは京都市街地を通らないので、渋滞に巻き込まれずに行くことが出来ます。北大路バスターミナルから鷹峯源光庵前バス停まで平常は16分程度で行く事ができます。鷹峯の光悦寺,源光庵、常照寺は紅葉の名所として有名で一緒に拝観するのが良いと思います。


京都鷹峯地域の紅葉の地図
京都鷹峯地域の紅葉の地図の印刷用PDFファイル(36KB)
光悦寺
京都の光悦寺の紅葉の画像 鷹峯の光悦寺は江戸時代初期の茶人である本阿弥光悦の屋敷跡で、茶室が7つあり、茶室と紅葉の組み合わせは趣があります。光悦寺の竹が斜めに交差して作られた垣根は独特なものであり、紅葉との組み合わせも美しく絶好の撮影ポイントとなっています。光悦寺は京都の中では紅葉が早いことで知られています。光悦寺はカエデだけではなくドウダンツツジの紅葉も美しいです。光悦寺参道にある紅葉のトンネルは無料でも楽しめます。
光悦寺は300円で拝観できました。8:00から拝観できるようです。
常照寺
京都の常照寺の紅葉の画像 常照寺は江戸時代に本阿弥光悦の土地寄進により創建された日蓮宗の寺院ですが,当時は鷹峰檀林(学寮)だったそうです。
常照寺は江戸時代の初期、京の遊郭で天下の名妓とうたわれていたのが二代目吉野太夫によって赤い山門を寄進されたことで知られていて,歌舞伎俳優や芸能人が訪れる事も多いそうです。常照寺は、紅葉の時期や桜の時期をはじめとし、四季を通じて花の楽しめるお寺です。
源光庵
京都の源光庵の紅葉の画像 鷹峯の源光庵は元々臨済宗の寺院で,南北朝時代に創建されましたが,江戸時代に金沢市の大乗寺の禅師が住持したことにより曹洞宗に改宗したそうです。現在の建物は江戸時代に建立されたそうです。
源光庵は庭を座敷から見るのですが、悟りの窓と呼ばれる丸い窓と、迷いの窓と言われる四角い窓から見る庭の光景が有名ですが、庭の全景が見渡せる奥の座敷からの風景は見事です。紅葉の時期の源光庵はお奨めです。源光庵には伏見城で数百名が自決した床板を移設した血天井もあります。

能登の観光 加賀の観光 白山麓の観光 金沢の観光 滋賀県の観光 福井の観光 飛騨高山の観光